日本植民地研究  第15号

日本植民地研究会【編】

[目次]

  • 論文(満鉄の鉄道技術移転と中国の鉄道復興-満鉄の鉄道技術者の動向を中心に
  • 台湾統治初期における植民地教育政策の形成-伊沢修二の「公学」構想を中心として
  • 1930年代の「東北」地域概念の形成-日中歴史学者の論争を中心として)
  • 研究ノート(朝鮮人戦時動員の構造-強制連行に関する一考察)
  • 研究動向(ポストコロニアリズムのインパクトと可能性-日本植民地研究とのかかわりで
  • 日本植民地研究の回顧:満州研究2000〜2002)
  • 書評
  • 資料館紹介
  • 会報

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本植民地研究
著作者等 日本植民地研究会
書名ヨミ ニホンショクミンチケンキュウ : 15
巻冊次 第15号
出版元 アテネ社
日本植民地研究会
刊行年月 2003.6.15
ページ数 101p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4900841226
ISSN 09150951
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想