思い出す事など 他七篇

夏目 漱石【著】

明治43年の盛夏、漱石は保養先の修善寺で胃潰瘍の悪化から血を吐いて人事不省に陥った。辛くも生還しえた悦びをかみしめつつこの大患前後の体験と思索を記録したのが表題作である。他に二葉亭や子規との交友記など七篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 思い出す事など
  • 長谷川君と余
  • 子規の画
  • ケーベル先生
  • ケーベル先生の告別
  • 戦争から来た行違い
  • 変な音
  • 三山居士

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思い出す事など 他七篇
著作者等 夏目 漱石
書名ヨミ オモイダスコトナドタナナヘン
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.4.4
ページ数 189p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4003101162
NCID BN00200468
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想