綴方の自由教育

山路兵一 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 綴方することは生活すること
  • 一 何のための綴方か / 3
  • 二 綴方することは生活すること / 25
  • 放射と、建設と、求心
  • 三 綴方は生活の放射である / 37
  • 四 綴方は生活の建設である / 43
  • 五 綴方は生活への求心 / 49
  • 綴方敎育解放の要點
  • 六 綴方の題材は自己である / 67
  • 七 眞の綴方は偏するものでない / 73
  • 八 誤られたる自由選題 / 87
  • 九 かかる意味で課題もとる / 98
  • 一〇 自己の言葉で表現する / 124
  • 一一 撤廢すべきは特設の綴方 / 133
  • 一二 對〓なき綴方 / 140
  • 一三 無系統の指導 / 142
  • 一四 三つの節序 / 155
  • 一五 綴方指導〓の責務 / 158
  • 一六 多作へ、多師へ、自己満足へ、 / 163
  • 一七 讀方、綴方の一元的指導 / 170
  • 尋一よりの綴方
  • 一八 綴方のための文字 / 183
  • 一九 合科學習と綴方 / 187
  • 綴り得るまで
  • 二〇 緊張しきつた新學級 / 197
  • 二一 學習態度の岐路 / 199
  • 二二 綴らなくつても? / 205
  • 二三 投藥の前 / 209
  • 二四 新學級兒の綴方 / 216
  • 二五 罪!根本にある!! / 226
  • 二六 全敎育の大問題 / 235
  • 二七 宣言!! / 240
  • 二八 いかにして好ましたか / 242
  • 二九 その資料は? / 247
  • 三〇 文例の切罪 / 250
  • 三一 文例に對する第一態度 / 257
  • 三二 文例に對する第二態度 / 272
  • 三三 文例に對する第三態度 / 279
  • 三四 文例に對する第四態度 / 282
  • 三五 新學級兒への文例 / 293
  • 綴りはじめてから
  • 三六 かうして約四週間 / 299
  • 三七 個人眼前指導 / 309
  • 三八 綴方することの到達點 / 318
  • 三九 推敲の第一義 / 325
  • 四〇 生活の眞を / 328
  • 四一 生活を豊富へ / 331
  • 四二 表現と內實 / 345
  • 四三 表現よりの第一着手 / 358
  • 四四 共同の批正、鑑賞は / 363
  • 四五 特設綴方時間の實際 / 368
  • 綴る態度が出來てから
  • 四六 綴る態度とは? / 375
  • 四七 綴方相互敎育の高能率 / 380
  • 四八 綴方自由敎育の注意 / 391
  • 綴方自由活動と作品
  • 一 / 397
  • 二 作品例 / 398

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 綴方の自由教育
著作者等 山路 兵一
書名ヨミ ツズリカタ ノ ジユウ キョウイク
書名別名 Tsuzurikata no jiyu kyoiku
出版元 東洋図書
刊行年月 大正14
ページ数 430p
大きさ 19cm
NCID BN07969704
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
43008680
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想