15人が選んだ幸せの道 : 選択理論と現実療法の実際

グラッサー ウイリアム【著】<Glasser William>;柿谷 正期;柿谷 寿美江【訳】

[目次]

  • 強迫神経症-ジェリーの場合
  • 選択理論に基づいた現実療法の実際
  • 五年前の夫の浮気が許せない-ルーシーの場合
  • 今の生活に息が詰まる-ビーとジム夫婦の場合
  • 落ちこぼれ-ジェフの場合
  • パニック発作-チェルシーの場合
  • 自殺願望-ジョージの場合
  • 自分のための物語-再びジェリーの場合
  • 家庭内離婚-モーリーンの場合
  • 幻聴-リベカの場合
  • うつ状態-テリーサの場合
  • 性同一性障害-再びジョージの場合
  • ティーンエイジャーの性-ジュディスの場合
  • アルコール依存症-ロジャーの場合
  • 暴君になった子ども-ボブとスー夫婦の息子の場合
  • アルコール依存症の夫をもつ妻-再びロジャーとティアの場合
  • 現実の確かな愛-三たびジェリーの場合
  • 最後のことば

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 15人が選んだ幸せの道 : 選択理論と現実療法の実際
著作者等 Glasser, William
柿谷 寿美江
柿谷 正期
グラッサー ウイリアム
書名ヨミ ジュウゴニンガエランダシアワセノミチ : センタクリロントゲンジツリョウホウノジッサイ
出版元 アチーブメント出版
刊行年月 2000.10.12
ページ数 432p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4902222086
NCID BA65080439
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想