ウイルス肝炎の治療はどのように変わったか

熊田 博光【編】

[目次]

  • 1 B型肝炎の治療(B型肝炎のgenotypeと母児感染予防
  • 慢性肝炎、肝硬変の治療
  • ステロイド離脱療法
  • 慢性肝炎、肝硬変の治療
  • IFN療法 ほか)
  • 2 C型肝炎の治療(C型急性肝炎の治療
  • C型慢性肝炎の治療
  • IFN単独療法-著効を目指した治療
  • 慢性肝炎の治療
  • IFN単独治療-長期発癌予防 ほか)
  • 3 劇症肝炎の治療(内科的治療
  • 外科的治療)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウイルス肝炎の治療はどのように変わったか
著作者等 熊田 博光
書名ヨミ ウイルスカンエンノチリョウハドノヨウニカワッタカ
シリーズ名 消化器病セミナー 91
出版元 へるす出版
刊行年月 2003.6.20
ページ数 179p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4892694495
NCID BA62667351
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想