近代ドイツの国制と市民 : 地域・コルポラツィオンと集権国家

田熊 文雄【著】

18世紀末以来、ドイツにおいて地域的身分的社団は国家的統合の過程で、どのように"近代"の形成に関与したのか。ドイツ社会を単に西欧に対する後進性として捉えるのではなく、国家的諸改革と都市市民層・ツンフトなどの関係に注目し、転換期におけるドイツの"国制"と"市民"の固有の構造を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 一八世紀末プロイセンの国制・経済・市民(啓蒙期法典編纂の国家思想-一八世紀末プロイセン王国の歴史的性格をめぐって
  • 一八世紀末プロイセンのマニュファクチュアと行政・司法-一七九四年のベルリンにおける織布工のストライキをめぐって)
  • 2 プロイセン改革期の国制・市制論(国制改革としてのプロイセン改革-アルテンシュタイン・リガ意見書の国制改革論
  • プロイセン都市条令の制定と都市民-三月前期の都市自治・都市市民・国家市民)
  • 3 「営業の自由」の導入と都市手工業者ツンフト・市民(「営業自由」導入後のプロイセンにおける都市営業制度論(一八一〇‐一八二三年)
  • 三月前期プロイセン王国ベルリン市の手工業者階層の構造変化-J.G.ホフマン「ベルリンにおけるツンフト的営業経営の状態に関する報告」について
  • 一九世紀前半期プロイセンにおける営業自由とその諸制限-J.G.ホフマンの営業(Gewerbe)権限論をめぐって ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代ドイツの国制と市民 : 地域・コルポラツィオンと集権国家
著作者等 田熊 文雄
書名ヨミ キンダイドイツノコクセイトシミン : チイキコルポラツィオントシュウケンコッカ
シリーズ名 岡山大学文学部研究叢書
出版元 御茶の水書房
刊行年月 2003.5.28
ページ数 299p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4275019873
NCID BA62681578
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想