特集 教育改革と評価のダイナミズム : 教育社会学研究  第72集

日本教育社会学会【編】

評価主義は、教育の世界だけでなく、社会制度のすべてに適用可能な万能薬だと錯覚されているふしがあります。社会制度の評価は、ステイク・ホルダー(利害関係者)間の「信頼」を担保するシステムであり、決して「監視」と「制裁」のシステムではないはずです。現実の評価導入は、教育システムにどのようなインパクトを与えているのか?理論と国際比較を視野にいれながら、評価が教育改革に与えているインパクトを多元的かつダイナミックに解明したいと考えて、今回の特集を編むことにしました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 特集 教育改革と評価のダイナミズム(教育政策と評価のダイナミズム
  • 評価の政策史 ほか)
  • 論稿(臨床心理学における科学性規準の変遷
  • 教育社会学における実証研究の諸問題 ほか)
  • 書評(稲垣恭子・竹内洋(編)『不良・ヒーロー・左傾』
  • 北沢毅・片桐隆嗣(共著)『少年犯罪の社会的構築』 ほか)
  • 課題研究報告(心理主義化する社会と学校教育(2)
  • 階層と教育の新しい関係 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特集 教育改革と評価のダイナミズム : 教育社会学研究
著作者等 日本教育社会学会
書名ヨミ トクシュウキョウイクカイカクトヒョウカノダイナミズム : キョウイクシャカイガクケンキュウ : 72
巻冊次 第72集
出版元 東洋館出版社
刊行年月 2003.5.25
ページ数 247p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4491019037
ISSN 03873145
NCID BA62306058
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想