小児神経学の進歩  第32集

日本小児神経学会教育委員会【編】

第32回小児神経学セミナーが平成14年11月2日より4日までの3日間、湘南国際村センターで開催された。今回のセミナーは講演9題、CPC1題、CC1題、とグループディスカッションからから成り、「末梢性ニューロパチー」をメインテーマに取り上げ、遺伝性ニューロパチー、炎症性ニューロパチー、末梢性神経疾患の病理診断、先天性無痛無汗症についてベテランの先生に講義していただいた。本書はこのセミナーにおける講演、CC、CPCなどの講演内容を担当の先生方に執筆していただいたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 末梢性ニューロパチー(遺伝性ニューロパチー Charcot‐Marie‐Tooth病とその関連疾患-病型と原因遺伝子
  • 炎症性ニューロパチー ほか)
  • Clinical Conference(C.C)-進行性の右半身優位の運動障害と知的退行および性格変化を呈し、年余にわたり診断困難だった12歳男児例(小児脊髄疾患の診断と外科治療
  • 乳幼児の良性けいれん ほか)
  • Clinical Pathological Conference(C.P.C.)-出生直後より活動性低下と黄疸が遷延し、全身状態不良であった乳児例(発達障害に伴う言語の問題
  • 新しい疾患概念の確立まで-瀬川病)
  • 小児神経学-最近の展望(診断技術
  • 新生児神経学 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小児神経学の進歩
著作者等 日本小児神経学会
日本小児神経学会卒後教育委員会
日本小児神経学研究会
日本小児神経学会教育委員会
書名ヨミ ショウニシンケイガクノシンポ : 32
巻冊次 第32集
出版元 診断と治療社
刊行年月 2003.5.30
ページ数 135p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4787812580
NCID BN01191318
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想