綴り方教授の経験と感想

上島信三郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一篇 理論篇 / 1
  • 第一章 一大刷新を加ふべき現今の綴り方敎授 / 1
  • 第二章 綴り方敎授の幣資 / 10
  • 第三章 模範文の取扱につきて / 18
  • 第四章 談話と文章 / 24
  • 第五章 文を綴る目的の自覺 / 25
  • 第六章 子供らしき文章 / 26
  • 第七章 文題提出について / 27
  • 第八章 敎材の撰擇 / 29
  • 第九章 表記法 / 32
  • 第十章 綴り方方面より觀たる讀本敎授の努力點 / 41
  • 第十一章 文の〓子 / 52
  • 第十二章 兒童の心情を考察しなければならぬ / 56
  • 第十三章 所謂綴り方敎授の方法について / 59
  • 第十四章 日用文につきて / 62
  • 第十五章 處理法 / 65
  • 第十六章 綴り方敎授の二大法 / 68
  • 第十七章 綴り方と話方 / 72
  • 第十八章 綴り方敎授の進路 / 80
  • 第二篇 實際篇 / 91
  • 第十九章 記事文敎授の方法 / 92
  • 第二十章 叙事文敎授の方法 / 98
  • 第二十一章 說明文敎授の方法 / 102
  • 第二十二章 議論文敎授の方法 / 107
  • 第二十三章 問答體と單獨體との關係 / 111
  • 第二十四章 鑑賞的態度の養成 / 115
  • 第二十五章 六何法 / 124
  • 第二十六章 聽寫法 / 126
  • 第二十七章 範文の影響 / 134
  • 第二十八章 兒〓文集を作れ / 153
  • 第二十九章 文想の主副 / 169
  • 第三十章 機會を充分にせよ / 179
  • 第三十一章 日用文の敎授 / 182
  • 第三十二章 敎授法としての幹線 / 196
  • 第三十三章 敎授細目に就いて / 204
  • 第三篇 結論 / 209
  • 第三十四章 結論 / 209
  • 第三十五章 餘言 / 214
  • 附錄 / 223
  • 1. 觀察練習 / 223
  • 2. 綴り方敎授に於ける敎師の領分と兒童の領分 / 235
  • 3. 範文の種類 / 239
  • 4. 速寫練習と一氣呵成 / 242
  • 綴り方敎授のあと。第五學年、第三學年 / 247〜451
  • 綴り方敎授の方針。敎材排〓、細目例 / 452〜494

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 綴り方教授の経験と感想
著作者等 上島 信三郎
書名ヨミ ツズリカタ キョウジュ ノ ケイケン ト カンソウ
書名別名 Tsuzurikata kyoju no keiken to kanso
出版元 中文館
刊行年月 大正10
ページ数 493p
大きさ 19cm
全国書誌番号
43008629
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想