総特集 飢えの記憶 : 東北学  Vol.8

赤坂 憲雄【責任編集】

飢餓の体験と記憶を貫くサバイバルの知恵と技術の歴史。飽食の時代の影に隠れた、凶作・飢饉・戦争・カニバリズム…。凄惨な体験の中で人々が必死に紡いだ創意と文化を掘り起こす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 特別座談 再考・いくつもの日本-内なる欲望としての多元と多様
  • 特集 飢えの記憶(座談 飢饉をめぐる歴史と民俗-救荒以前の作物構造と市場経済の間で
  • 飢えの中世史-サバイバル・システムとしての戦争・奴隷・乞食 ほか)
  • エッセイ(列島という地勢
  • エッシャーの郷土 ほか)
  • 個別論考(中道等と前原寅吉-奥北の隠れた先人の民俗学と天文学
  • 常世の国の倭武天皇 ほか)
  • 連載(吹き溜まる南の民具(2)脱穀用具(2)バラとトオシ
  • 東北と沖縄研究(2)なぜ、沖縄(の人)が東北に目を向けるのか-金城治雄の所説に即しながら ほか)
  • 東北学の窓(地域の活性化を想う(時評)
  • 暴力の素顔(書評・六車由実『神、人を喰う-人身御供の民俗学』))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 総特集 飢えの記憶 : 東北学
著作者等 赤坂 憲雄
書名ヨミ ソウトクシュウウエノキオク : トウホクガク : 8
巻冊次 Vol.8
出版元 作品社
東北芸術工科大学東北文化研究センター
刊行年月 2003.4.25
ページ数 452p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 487893560X
NCID BA43968033
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想