編纂趣意書の解説を中心としたる新読本講話

花田甚五郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一講 總論 / 1
  • 第一 讀本と藝術品 / 2
  • 第二 讀本と國民性及び國是 / 3
  • 第三 讀本と社會の進化 / 4
  • 第四 讀本と心理的基礎 / 5
  • 第五 讀本と敎授の原則 / 6
  • 第六 讀本と言語學的根柢 / 7
  • 第七 讀本と美學の規範 / 10
  • 第二講 讀本敎材の選擇 / 16
  • 第一 宗敎的組織の時期 / 16
  • 第二 道德的組織の時期 / 16
  • 第三 實科的組織の時期 / 17
  • 第四 文法的組織の時期 / 18
  • 第五 文學的組織の時期 / 19
  • 第六 綜合的組織の時期 / 20
  • 第三講 讀本敎材の排〓 / 26
  • 第一 讀本敎材の排〓法 / 26
  • 第二 綜合的排列法 / 26
  • 第三 類聚的排列法 / 28
  • 第四 連續的排列法 / 34
  • 第四講 讀本敎材の分量 / 36
  • 第一 讀本各卷の分量 / 36
  • 第二 讀本各課の分量 / 40
  • 第五講 國語讀本の文字 / 41
  • 第一 片假名の提示と其の取扱法 / 41
  • 第二 平假名の提示と其の取扱法 / 50
  • 第三 變體假名とローマ字 / 54
  • 第四 漢字の提示と其の取扱法 / 57
  • 第六講 發〓 / 67
  • 第一 促〓の提示と其の取扱法 / 68
  • 第二 拗〓の提示と其の取扱法 / 70
  • 第三 促〓及び拗〓の表記 / 71
  • 第四 濁〓の提示と其の取扱法 / 74
  • 第五 轉呼〓の提示と其の取扱法 / 79
  • 第七講 國語讀本の表記諸法 / 81
  • 第一 句讀法 / 81
  • 第二 假名遺法 / 93
  • 第三 送り假名法 / 99
  • 第四 分別書方 / 120
  • 第八講 國語讀本の言語 / 127
  • 第一 言語の本質と其の變化 / 127
  • 第二 國語讀本の標準語 / 131
  • 第三 國語讀本の標準語の數 / 134
  • 第四 國語讀本の標準語の語格 / 135
  • 第九講 國語讀本の文章 / 162
  • 第一 文章を味ふ態度 / 162
  • 第二 希望に滿ち滿ちた文章 / 165
  • 第三 新しい文章 / 175
  • 第四 生生した文章 / 184
  • 第五 兒〓にくつついた文章 / 201
  • 第六 長文と短文(敎材分〓問題) / 207
  • 第七 練習文 / 222
  • 第八 文語文と口語文 / 229
  • 第十講 讀本の內容 / 238
  • 第一 兒〓の日常生活に觸れたる材料 / 236
  • 第二 田園趣味の養成に資すべき材料 / 238
  • 第三 理科實業經濟公民の心得に關する材料 / 240
  • 第四 國勢の現狀世界の事情に通ぜしむべき材料 / 244
  • 第十一講 讀本の挿畫 / 246
  • 第一 挿畫挿入の目的 / 248
  • 第二 國語讀本の挿畫 / 251
  • 第三 挿畫の取扱法 / 263
  • 第十二講 隨伴讀本 / 266
  • 第一 隨伴讀本の意義 / 266
  • 第二 隨伴讀本の必要 / 267
  • 第三 隨伴讀本の材料 / 270
  • 第四 隨伴讀本の材料の性質 / 272
  • 第五 隨伴讀本使用の時期並に取扱法 / 273
  • 第十三講 課外讀み物 / 274
  • 第一 課外讀み物の與ふる利益 / 274
  • 第二 課外讀み物の與ふる幣〓 / 279
  • 第三 課外讀みものの材料 / 282
  • 第四 課外讀み物の語詞 / 284
  • 第五 課外讀み物の指導 / 285
  • 附錄 / 289

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 編纂趣意書の解説を中心としたる新読本講話
著作者等 花田 甚五郎
書名ヨミ ヘンサン シュイショ ノ カイセツ オ チュウシン ト シタル シン ドクホン コウワ
書名別名 Hensan shuisho no kaisetsu o chushin to shitaru shin dokuhon kowa
出版元 目黒書店
刊行年月 大正8
ページ数 310p
大きさ 19cm
NCID BN10806559
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
43008604
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想