学校体操の原理及び教授法

向井虎吉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 學校體操に關する硏究 / 1
  • 〓論 / 1
  • 第一章 我國體育の沿革 / 6
  • 第二章 敎育上體育の意義 / 31
  • 第三章 體操科の目的 / 33
  • 第四章 國民體育と其の關係 / 36
  • 第五章 體操科の敎材 / 40
  • 第六章 姿勢 / 66
  • 第七章 着眼に就きて / 71
  • 第八章 下肢の運動 / 73
  • 第九章 平均運動 / 81
  • 第十章 上肢の運動 / 90
  • 第十一章 頭の運動 / 100
  • 第十二章 呼吸運動 / 108
  • 第十三章 胸の運動 / 118
  • 第十四章 脊の運動 / 124
  • 第十五章 腹部の運動 / 132
  • 第十六章 軀幹側方運動 / 141
  • 第十七章 懸垂運動 / 150
  • 第十八章 跳躍運動 / 163
  • 第二編 兒童心身の發達に關する硏究 / 172
  • 第十九章 兒童身體の發達に就きて / 172
  • 第二十章 兒童の精神の發達に就いて / 178
  • 第二十一章 身長及び體重發達の時期 / 184
  • 第二十二章 我國小學校兒童の男女別體格比較 / 188
  • 第二十三章 身體的生活の精神的生活に及ぼす影〓 / 193
  • 第二十四章 氣分と內臟との關係 / 196
  • 第二十五章 姿勢態度と精神作用との關係 / 204
  • 第二十六章 精神生活の身體生活に及ぼす影響 / 206
  • 第二十七章 感情及び意志の生理的機能 / 207
  • 第二十八章 注意と生理的機能 / 210
  • 第二十九章 筋力と意志との關係 / 212
  • 第三十章 疲勞に就きて / 217
  • 第三編 體操科敎授に關する硏究 / 226
  • 第三十一章 敎授の段階的形式 / 226
  • 第三十三章 體操科敎授の方法 / 239
  • 第三十四章 體操の矯正に關する秘决七法 / 252
  • 第三十五章 體操科の敎授案 / 264
  • 第三十六章 體操科敎授時間の配當に就て / 268
  • 第三十七章 體操科は第何時限を適當とするか / 270
  • 第三十八章 敎師の反省 / 273
  • 第三十九章 號令に就きて / 282
  • 第四十章 呼唱に就きて / 285
  • 第四十一章 動作遊戲に就きて / 288
  • 第四十二章 合同體操に就きて / 292
  • 第四十三章 配列の方法に就きて / 300
  • 第四十四章 體操檢〓につきて學校長諸賢に望む / 310
  • 第四編 身體の不正なる發達及び其の矯正に關する硏究 / 312
  • 第四十五章 身體各部の不正なる發達 / 312
  • 第四十六章 虚弱なる兒童の取扱ひに就いて / 333
  • 第四十七章 生徒が怪我を爲せる時の心身の狀態 / 338
  • 第四十八章 睡眠中の兒童に就いての觀察 / 339
  • 第四十九章 兒童の睡眠中に於ける呼吸及觀察 / 345
  • 第五十章 兒童の枕について / 349
  • 第五十一章 眠れる兒に對する訓誡 / 351
  • 第五編 雜件 / 354
  • 第五十二章 體操科器械の設備に就いて / 354
  • 第五十三章 體操設械設備上の注意 / 356
  • 第五十四章 小學校に設備すべき體操〓械及び數量 / 360
  • 第五十五章 體操を演〓する際の服裝に就いて / 365
  • 第五十六章 體操遊戯、敎練の配當に就いて / 369
  • 第五十七章 敎育的運動會 / 372
  • 第五十八章 敎員の身體健康上進法に關しての卑見 / 376
  • 第五十九章 赤兒の泣聲 / 384
  • 第六十章 家庭に備ふべき衞生器具 / 387

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 学校体操の原理及び教授法
著作者等 向井 虎吉
書名ヨミ ガッコウ タイソウ ノ ゲンリ オヨビ キョウジュホウ
出版元 洛陽堂
刊行年月 大正4
ページ数 390p
大きさ 23cm
NCID BN01967637
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
43009635
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想