環境経済学の今日的課題

西日本理論経済学会【編】

[目次]

  • 二酸化炭素排出量と貿易を経由した国際的技術スピルオーバーについて
  • 貿易、産業汚染の外部性、および経済地理
  • 地球環境リスクと不可逆性
  • 排出権の最適初期配分政策と環境投資
  • 経済成長における人的資本と再生可能資源
  • 日本と中国におけるCO2排出量変化の部門別分析-各種要因分析法の比較をかねて
  • 農村における男女別生産性格差と経済発展のプロセス
  • 製品差別が存在するモデルにおけるBalanced Temptation Equilibrium
  • 生命保険における危険分類について-大量性要件と同質性要件とのトレードオフ問題を中心として
  • 公共施設配置からみた市町村合併と補助金政策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境経済学の今日的課題
著作者等 西日本理論経済学会
書名ヨミ カンキョウケイザイガクノコンニチテキカダイ
シリーズ名 現代経済学研究 第10号
出版元 勁草書房
刊行年月 2003.4.10
ページ数 232p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4326932384
ISSN 09176837
NCID BA61723027
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想