重力  02

「重力」編集会議【編著】

「重力」は、解体=再創設を繰り返す多事争論の場である。だが、「多事争論」の実現に不可欠な党派性が絶対にある。言葉を使えず実行行為に依存する暴力を批判し、同時に言葉しか使えず言い逃れを続けるイロニーを除去する、「二重の闘争」はどこにあるか?〓秀実の68年革命論と松本圭二、大杉重男の68年革命批判がきしみあう本書はこの課題に答えることができるのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 特集1 一九六八年革命をめぐって(共同討議1-一九六八年革命について
  • 共同討議2-一九六八年革命と現代詩
  • 討議2資料…討議のためのレジュメ
  • 一九六八年革命小史(史論) ほか)
  • 特集2 もうひとつの六八年(『エルキュリーヌ・バルバン、通称アレクシナ・B』
  • 翻訳者の資格『エルキュリーヌ・バルバン』の平行線上に(批評)
  • 往復書簡大西巨人‐鎌田哲哉
  • 戦争まで(詩) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 重力
著作者等 「重力」編集会議
書名ヨミ ジュウリョク : 02
巻冊次 02
出版元 「重力」編集会議
作品社
刊行年月 2003.4.10
ページ数 527p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4878935413
NCID BA71625851
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想