持続可能な都市の「かたち」と「しくみ」

玉川 英則【編著】

本書は、「都市の」持続可能性ということに関して、種々の観点からの論考を集約したものである。「サステイナブル・コミュニティ」という既存の表現がそれに近いものであるが、概念的にはより広く、イメージはより具体的に、そしてより深い考察をまとめようと試みた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 都市の「持続可能性」を定式化する
  • 第2章 建築・都市パターンとエネルギー
  • 第3章 自動車利用と持続可能性-商業開発コントロール制度を考える
  • 第4章 人口の安定性と都市地域
  • 第5章 都市社会の持続可能性-鎌倉市の環境運動に焦点をあてて
  • 第6章 団地建て替えと「心」の持続可能性
  • 第7章 持続可能なまちづくり-スマート・コミュニティ形成の戦略
  • 第8章 広義の「経済」と都市の持続可能性
  • 第9章 ゴミ・公害・土地-循環型社会推進の根底

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 持続可能な都市の「かたち」と「しくみ」
著作者等 玉川 英則
書名ヨミ ジゾクカノウナトシノカタチトシクミ
シリーズ名 都市研究叢書
出版元 東京都立大学出版会
東京都立大学都市研究所
都立大都市研究所
刊行年月 2003.2.28
ページ数 243p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 492523532X
NCID BA61326912
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想