ダンバー博士のイヌの行動問題としつけ : エソロジーと行動科学の視点から

ダンバー イアン【著】;尾崎 敬承;時田 光明;橋根 理恵【訳】

本書は、イヌのしつけのうち、とくに怖がり、排泄問題、咬みつき、ものをかじる、ほえる、ケンカするなど、どのイヌにも一般的に起こりうる生得的な行動問題を、どのように修正または予防したらよいかについて、具体的かつわかりやすく解説した本である。これらの行動が人にとって好ましくないからといって、むやみに罰して止めさせようとするのではなく、イヌの行動の本質をふまえ、イヌにもフェアで、人にも納得できるようなルールでイヌに教え、気質を改善し、必要なはけ口を与え、愉快で楽しく平和的に共存していくための、まったく新しい考え方やイヌへの教え方にあふれている。人や環境との相互作用によるイヌの行動の変容や彼らの社会行動を、動物行動学と行動科学の視点からわかりやすく解説し、イヌの立場に配慮したしつけの本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 社会化(イヌに対する社会化と怖がり)
  • 怖がり(人に対するシャイと怖がり)
  • 排泄のしつけ
  • 排泄のしつけ・補足
  • 咬みつく(防御的攻撃)
  • 噛む(かじる)
  • ケンカ(闘争)する
  • 穴を掘る
  • 吠える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ダンバー博士のイヌの行動問題としつけ : エソロジーと行動科学の視点から
著作者等 Dunbar Ian
尾崎 敬承
時田 光明
橋根 理恵
ダンバー イアン
書名ヨミ ダンバーハクシノイヌノコウドウモンダイトシツケ : エソロジートコウドウカガクノシテンカラ
出版元 モンキーブック社
レッドハート
刊行年月 2003.3.12
ページ数 319p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4902017024
NCID BA61904280
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想