こどもと出会い別れるまで : 希望の家族学

石川 憲彦【著】

[目次]

  • 第1巻(まもる家族-人間は弱さを抱えた存在だから、たがいに守りあうために「家族」が生まれた
  • はぐくむ家族-育つとは、混沌とした循環系のなかに生き、周囲とともに変化していく過程
  • わかつ家族-別れるということは出会い、それも痛みをはらんで出会っていくこと)
  • 第2巻(家族が呼び出すもの-まえおき
  • 「戒律」-混乱にまとまりを与える、いにしえよりの掟
  • 家族療法-崩壊の時代に脚光を浴びた家族をめぐる理論
  • 「殺戮」-事件、テロ、戦争、ふたたび呼び出された私
  • 「希望」-人間はいつも、見失い、破滅し、再生する)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 こどもと出会い別れるまで : 希望の家族学
著作者等 石川 憲彦
松原 明美
書名ヨミ コドモトデアイワカレルマデ : キボウノカゾクガク
出版元 ジャパンマシニスト社
刊行年月 2003.3.10
ページ数 2冊
大きさ 20cm
ISBN 4880491330
NCID BA6171333X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想