産業社会と人間 : よりよき高校生活のために

服部 次郎【編著】

「産業社会と人間」という科目は、高等学校で、何のために学ぶのか、なにに向かって学ぶのかを考えるための科目である。この本には、あなたが、自分を見つめ、自分の進路を考え、これから自分が生きていく社会を考え、そして自分の人生を考えるための手がかりとなるような学習内容が、一年間の授業を想定して30項目あげてある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自分を見つめてみよう(「産業社会と人間」って、なんの授業?
  • 共に学ぶ仲間との出会い ほか)
  • 第2章 生きていくこと働くこと(働くことって、なんだ?
  • 職業について調べてみよう ほか)
  • 第3章 社会の中で生きること(環境問題について考えてみよう
  • 情報化社会について考えてみよう ほか)
  • 第4章 何を学びますか、どう生きていきますか(上級学校を訪問してみよう
  • 先輩と語ろう ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 産業社会と人間 : よりよき高校生活のために
著作者等 服部 次郎
書名ヨミ サンギョウシャカイトニンゲン : ヨリヨキコウコウセイカツノタメニ
出版元 学事出版
刊行年月 2003.3.18
ページ数 147p
大きさ 30×21cm
ISBN 4761908688
NCID BA70294384
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想