うさぎの島

シュタイナー イエルク【文】<Steiner J¨org>;ミュラー イエルク【絵】<M¨uller J¨org>;おおしま かおり【訳】

うさぎ工場に、年とった灰色うさぎがいました。工場暮らしがあまりに長すぎて、この灰色うさぎは、外の世界で花が咲いたり、雨や雪が降ったりすることを、すっかり忘れていました。ある日のこと、外から小さな茶色いうさぎが工場に送りこまれてきました。怖くてふるえている茶色うさぎをみて、灰色うさぎは勇気をふりおこし、外につれだしてあげます。外は甘いかおりにみちた夏の夜…けれども野に出てはみたものの、灰色うさぎは、ほし草のにおいをかいでは、「へんなにおいだ」といったり、小川の流れをベルトコンベアとかんちがいしたり、しまいには犬に追いかけられたり…あまり怖い目にあうので、灰色うさぎは何不自由ないうさぎ工場でのくらしが、なつかしくてたまらなくなりました。…野の自然や動物を愛し、自然破壊に対して警鐘を鳴らしつづけてきたミュラーとシュタイナーのコンビが、うさぎを主人公に見ごたえのある絵本に仕あげました。6歳から。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 うさぎの島
著作者等 Müller, Jörg
Steiner, Jörg
大島 かおり
M¨uller J¨org
Steiner J¨org
おおしま かおり
ミュラー イエルク
シュタイナー イエルク
書名ヨミ ウサギノシマ
シリーズ名 ほるぷ海外秀作絵本
出版元 ほるぷ出版
刊行年月 2003.1.31
ページ数 1冊
大きさ 25×32cm
ISBN 4593501849
NCID BN08631000
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想