奄美の針突 : 消えた入墨習俗

山下 文武【著】

[目次]

  • 第1章 南島の入墨の周辺(わが国入墨変遷の歴史概略
  • 南島婦人入墨習俗の古来説論 ほか)
  • 第2章 入墨の施行動機をめぐる論説(入墨をめぐる信仰論
  • 入墨の階級差別説)
  • 第3章 南島の入墨研究概要(奄美における研究概要
  • 沖縄における研究概要)
  • 第4章 入墨各論(入墨の呼び方
  • 入墨施行の動機 ほか)
  • 第5章 入墨図譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 奄美の針突 : 消えた入墨習俗
著作者等 山下 文武
書名ヨミ アマミノハズキ : キエタイレズミシュウゾク
出版元 まろうど社
刊行年月 2003.1.17
ページ数 237p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4896120280
NCID BA6038943X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想