北の闇から来た男 : 私の愛した男は「北朝鮮の工作員」だった

朴 春仙【著】

拉致海岸の下見、数字暗号の傍受、原敕晁への突然の変身-北朝鮮拉致工作の司令塔=辛光洙の東京妻だった女性が綴る大物スパイの実像と対日工作の実態。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 目黒・中町の家で(坂本という名の紳士
  • ホメ上手な男
  • 奇妙な再会 ほか)
  • 2 最愛の人が工作員だと知って(際立った語学力
  • 平壌から来た幹部
  • 乗っ取りの黒幕 ほか)
  • 3 辛光洙逮捕直後に銃殺された兄(京都に来た坂本
  • やっと作った五〇万円
  • 分身のようなラジオ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北の闇から来た男 : 私の愛した男は「北朝鮮の工作員」だった
著作者等 朴 春仙
書名ヨミ キタノヤミカラキタオトコ : ワタクシノアイシタオトコハキタチョウセンノコウサクインダッタ
出版元 ザ・マサダ
刊行年月 2003.2.5
ページ数 245p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4883970795
NCID BA61912992
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想