20世紀のドイツ政治理論 : 日本政治学会年報  2002年

日本政治学会【編】

[目次]

  • 第1部 二〇世紀のドイツ政治理論(ウェーバーの政治理論-『職業としての政治』を中心に
  • シュミットの政治的なものの概念再考
  • ケルゼンにおけるイデオロギー批判と民主制
  • ヘルマン・ヘラーにおける「過渡期社会」の政治理論 ほか)
  • 第2部 関連論題(グラウス・オッフェの政治理論-「制御の不可能性」から「制御の可能性」へ
  • 二つの反ユダヤ主義の間-戦間期オーストリアのカトリック政治思想と反ユダヤ主義)
  • 第3部 自由論題(政権安定性と経済変動-生存分析における時間変量的要因)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 20世紀のドイツ政治理論 : 日本政治学会年報
著作者等 日本政治学会
書名ヨミ ニジッセイキノドイツセイジリロン : ニホンセイジガッカイネンポウ : 2002
巻冊次 2002年
出版元 岩波書店
刊行年月 2002.12.20
ページ数 280p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4000096818
ISSN 05494192
NCID BA60272454
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想