特集 生命 : 日本の哲学  第3号

日本哲学史フォーラム【編】

さまざまな観点から「生命」の問題を掘り起こす論考を、日本の哲学や思想に関心をお持ちの方々に執筆してもらった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 巻頭エッセー 哲学の根源的問題としての生命-西田幾多郎の「社会的歴史的生命」論にふれて
  • 特集 生命(生命論的差異の重さ
  • 主体と環境の生命論-西田幾多郎と今西錦司
  • 生命観の近代-進化論受容を中心に
  • 内的純粋経験からのドラマの創出
  • 死から考える生命
  • 田辺元の「種の論理」と西田哲学)
  • 特別寄稿 日本の哲学の場所-欧米から見た
  • 書評 James W.Heisig Philosophers of Nothingness.An Essay on the Kyoto School

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特集 生命 : 日本の哲学
著作者等 日本哲学史フォーラム
書名ヨミ トクシュウセイメイ : ニホンノテツガク : 3
巻冊次 第3号
出版元 昭和堂
刊行年月 2002.12.15
ページ数 152p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4812202337
NCID BA60085694
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想