統合的環境会計論

宮崎 修行【著】

本書は、環境会計の萌芽から究極の環境会計(=統合的環境会計)に向けての国際的潮流を描き切り、その今後の大きな可能性を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 環境会計の成立と統合的環境会計の必要性(地球環境問題の特質と会計の役割
  • 環境会計成立の基礎とその社会的必要性)
  • 第2部 伝統的・貨幣的環境会計の理論と応用(環境原価計算の成立基盤とカテゴリー
  • 内部的環境原価計算の意義と構造 ほか)
  • 第3部 エコバランスを使用する係数的環境会計の理論と応用(エコロジー簿記の提唱とその展開
  • 地方自治体公共政策へのエコロジー簿記の応用 ほか)
  • 第4部 統合的環境会計の理論構築と応用可能性(統合的環境会計の基本構造
  • 統合的環境会計の企業実践 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 統合的環境会計論
著作者等 宮崎 修行
書名ヨミ トウゴウテキカンキョウカイケイロン
出版元 創成社
刊行年月 2002.11.10
版表示 第2版
ページ数 953p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4794412215
NCID BA60306749
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想