流行歌は人を救えるのか

岡 賢一【著】

74年「精霊流し」、75年「心のこり」、82年「北酒場」、「氷雨」、83年「矢切の渡し」、93年「無言坂」、そして2000年「箱根八里の半次郎」…数々の流行歌を手掛け、レコード大賞を3回受賞した流行歌職人・レコードディレクターが語る、歌作り、泣き笑いズッコケ人生。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 対談・岡賢一vs氷川きよし-世代を超えた"流行歌"談義‐「岡さんは僕にとって"お母さん"みたいな存在です(笑)」
  • 第1章 流行歌の表舞台
  • 第2章 流行歌の裏舞台
  • 第3章 流行歌とめぐり会い
  • 第4章 流行歌は人を救えるのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 流行歌は人を救えるのか
著作者等 岡 賢一
書名ヨミ ハヤリウタハヒトヲスクエルノカ
出版元 アミューズブックス
刊行年月 2002.11.18
ページ数 235p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 490171418X
NCID BA60117917
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想