30分で読める「インサイダー取引規制」Q&A

本書は、東京証券取引所売買審査部で4月から開催するインサイダー取引規制セミナーのテキストとして作成したもので、インサイダー取引規制の基本的な内容をベースに、これまで取引相談窓口に寄せられた質問なども盛り込みながら、Q&Aスタイルで取りまとめたものとなっており、これを読めばインサイダー取引規制について一通りのことが分かる内容となっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • どうして「インサイダー取引」って、禁止されているのですか?
  • 具体的には、何をしてはいけないことになっているのでしょうか?
  • 「会社関係者」とはどんな人たちをいうのですか?
  • 上場会社の役員等は「職務に関して」重要事実を知った場合にインサイダー取引規制がかかることになっていますが、「職務に関して」知った場合とは、具体的にどのような場合をいうのでしょうか?
  • 子会社の役員等も会社関係者になるとのことですが、この場合の子会社とはどのような会社をいうのですか。出資比率で判断されるということですか?
  • 会社関係者から重要事実を聞いた人も規制対象になるのですか?
  • 重要事実ってどういうものをいうのですか?
  • 決定事項については、いつのタイミングで重要事実が発生したと考えるのでしょうか?例えば、新株発行の決定の場合には、商法で取締役会の決定が必要とされていますので、取締役会の決定があった場合に重要事実となるということでしょうか?
  • インサイダー取引規制においては、「行うことについての決定」をした場合、重要事実になるそうですが、「行うことの決定」とは何か違うのでしょうか?
  • 禁止されている「特定有価証券等の売買等」はどういうものですか?〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 30分で読める「インサイダー取引規制」Q&A
書名ヨミ サンジップンデヨメルインサイダートリヒキキセイQアンドA
出版元 東京証券取引所
東証
刊行年月 2002.5.15
ページ数 45p
大きさ 30cm(A4)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想