糖尿病学の進歩  2002(第36集)

日本糖尿病学会【編】

[目次]

  • 糖尿病学の進歩と今後の課題:増え続ける糖尿病への21世紀の対応
  • 高血糖をどう理解し、どう説明するか:2型糖尿病はなぜおこるか
  • 糖尿病治療のめざすもの:血糖コントロールの正常化とQOL UP
  • 日本人の糖尿病の特性
  • 糖尿病網膜症の臨床の最新情報
  • 糖尿病性腎症の臨床の最新情報
  • 糖尿病性神経障害の臨床の最新情報
  • 2型糖尿病の一次予防に向けて-生活習慣介入による4年間の成果をふまえて
  • 糖尿病合併症と全身管理のEBM
  • 「糖尿病診療ガイドライン」について〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 糖尿病学の進歩
著作者等 日本糖尿病学会
書名ヨミ トウニョウビョウガクノシンポ : 2002(36)
巻冊次 2002(第36集)
出版元 診断と治療社
刊行年月 2002.9.25
ページ数 327p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4787812106
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想