赤ちゃんが授かった : 「不妊症」といわれたら

児島 孝久【監修】

初診、ヒューナーテスト、高齢出産、腹腔鏡検査、人工授精のことなど、初診から高度医療まで。赤ちゃんが授かった人など17人の体験手記。どうしたら赤ちゃんが授かるのか、どんな治療法があるのか。専門用語を少なくして、ていねいに解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜ、赤ちゃんができないの?(妊娠しにくい体質ってあるのですか
  • どうして不妊症になるのですか ほか)
  • 第2章 どんな治療法があるの?(治療を始める前の心構えってありますか
  • 原因別の治療法について教えてください ほか)
  • 第3章 不妊治療体験集-はじめたばかりの人、もう少しの人、やっと授かった人(初診
  • ヒューナーテスト ほか)
  • 第4章 診察室からのアドバイス-安心して治療を受けるために(妊娠の仕組みを知ることが解決の第一歩
  • 月経周期はホルモンのドラマ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 赤ちゃんが授かった : 「不妊症」といわれたら
著作者等 児島 孝久
書名ヨミ アカチャンガサズカッタ : フニンショウトイワレタラ
シリーズ名 「女性のための医学」シリーズ ひとりで不安にならないで
出版元 婦人生活社
刊行年月 2002.10.15
ページ数 222p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4574100613
NCID BA68215217
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想