サッチャーリズム、レーガノミックス、日本の小泉改革と北海道の改革 : 北海道発展は社会主義の残滓一掃だ

岩崎 正昭【著】

「市場原理」の復活こそ八十年代の英米の二つの改革。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本と北海道は改革が必要だ
  • 第1章 社会主義と資本主義の戦いと共存
  • 第2章 改革目標は社会主義の残滓一掃
  • 第3章 サッチャーリズムとは何か
  • 第4章 レーガノミックスとは何か
  • 第5章 改革と日本人と北海道
  • 第6章 英米の改革と小泉改革の進路
  • 第7章 ケインズ政策の効用と限界
  • 第8章 北海道は一体何をなすべきか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サッチャーリズム、レーガノミックス、日本の小泉改革と北海道の改革 : 北海道発展は社会主義の残滓一掃だ
著作者等 岩崎 正昭
書名ヨミ サッチャーリズムレーガノミックスニホンノコイズミカイカクトホッカイドウノカイカク : ホッカイドウハッテンハシャカイシュギノザンサイイッソウダ
シリーズ名 北海道ブックス
出版元 北海道問題研究所
刊行年月 2002.9.18
ページ数 210p
大きさ 17cm
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想