拡張型博物館 : 規模と機能の拡張

建築思潮研究所【編】

本書は、日本の現代建築を主用途別に分類し、立地、規模、社会性、造形など、さまざまな面を考慮に入れてその代表作を選び、収録している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 拡張型博物館の計画と設計-企画・立地・機能・空間・ファシリティマネジメント(拡張型博物館とは
  • 企画
  • 立地
  • 機能
  • 空間
  • ファシリティマネジメント)
  • 実作資料編(大阪歴史博物館
  • 滋賀県立琵琶湖博物館
  • 神奈川県立生命の星・地球博物館
  • 沖縄県平和祈念資料館
  • さいたま川の博物館
  • 日本科学未来館 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 拡張型博物館 : 規模と機能の拡張
著作者等 建築思潮研究所
書名ヨミ カクチョウガタハクブツカン : キボトキノウノカクチョウ
シリーズ名 建築設計資料 88
出版元 建築資料研究社
刊行年月 2002.9.15
ページ数 208p
大きさ 30cm(A4)
ISBN 4874607705
ISSN 02884267
NCID BA58733022
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想