成川式・択一六法 刑法編  2003年版

成川 豊彦【監修】

本書は、好評を博している成川式・択一六法「憲法編」の姉妹本である。従来から条文・過去問・判例は択一合格のための三種の神器といわれ、それぞれ別々に勉強しなければならなかった。本書は、これらをリンクさせ、やさしく、超短期に択一合格を果たすことを可能にした。なお、刑法の総論に関する択一の問題は理論的な問題が多く、すべての問題を逐条式に説明することは適当ではない。このため総論については、理論編と逐条編に分け、理論編をメインにして説明している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 総論(理論編(犯罪論総論
  • 構成要件
  • 違法性
  • 責任
  • 共犯
  • 罪数論)
  • 逐条編)
  • 第2編 各論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 成川式・択一六法 刑法編
著作者等 成川 豊彦
書名ヨミ ナリカワシキタクイツロッポウケイホウヘン : 2003
巻冊次 2003年版
出版元 早稲田経営出版
刊行年月 2002.9.17
ページ数 560,9p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4847107683
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想