ポストゲノム時代のコアテクニック : 組織細胞化学  2002

日本組織細胞化学会【編】

本書は、日本組織細胞化学会が主催する第27回組織細胞化学講習会のためのテキスト。内容的には原理から、プロトコール、ノウハウまでのポイントを押さえ、実際に実験を進める上で、ベンチの上に置いて使えるようにと企画した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ノックアウトマウスの作製と解析法
  • 免疫組織化学のストラテジー
  • 固定・組織の処理から抗体を使った染色までの実際
  • 免疫組織化学におけるトラブルシューティング
  • 蛍光抗体法-基礎から多重染色まで
  • 抗原賦活化法と高感度増幅法
  • 免疫電顕法の実際-どんな時にどの方法を使うか
  • 新しい顕微鏡技術とその生物応用
  • 顕微デジタルイメージの取扱いと処理の実際
  • GFPによる機能タンパク分子のイメージング〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポストゲノム時代のコアテクニック : 組織細胞化学
著作者等 日本組織細胞化学会
書名ヨミ ポストゲノムジダイノコアテクニック : ソシキサイボウカガク : 2002
巻冊次 2002
出版元 学際企画
刊行年月 2002.7.10
ページ数 170p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4906514456
NCID BN00527402
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想