障害福祉分野における支援費制度とは… : 制度のあらましと準備の状況

本パンフレットは、平成15年度より障害福祉分野に導入される「支援費制度」について、平成13年8月23日、平成14年1月10日、4月24日、6月14日に開催された厚生労働省の「支援費制度担当課長会議」資料等を参考に、現時点で想定される制度の内容を紹介したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 制度導入のねらい-どうして支援費制度なの?
  • 障害者福祉制度の全容と支援費制度のあらまし-障害者福祉はどう変わる?
  • 区市町村を中心に国と都道府県が支援-区市町村の役割が重要に
  • 支援費制度におけるサービス利用の標準的な流れ-申請からサービス開始まで
  • 支給決定の基準と内容(何を基準に判断されるのか
  • 支援費はどのように設定されるのか)
  • 利用者負担をめぐる論点-利用者負担はどうなるの?
  • 事業者の指定基準-だれがサービスを提供するのか?
  • 代理受領が基本-支援費支給の方法
  • 対等な契約を支えるために-契約の主体は誰か
  • 支援費制度を支える周辺の施策-利用者本位のサービスにするために
  • 地域生活支援を進めていくために
  • 東京での地域生活支援をどう進めるか
  • 制度実施に伴う経過措置と今後の予定-円滑な実施に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 障害福祉分野における支援費制度とは… : 制度のあらましと準備の状況
書名ヨミ ショウガイフクシブンヤニオケルシエンヒセイドトハ : セイドノアラマシトジュンビノジョウキョウ
出版元 東京都社会福祉協議会
刊行年月 2002.8.8
版表示 改訂版
ページ数 27p
大きさ 30cm(A4)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想