雇用と女性、戦争と女性 : 女性白書  2002

日本婦人団体連合会【編】

本書のテーマは二つ、「雇用と女性」そして「戦争と女性」である。二〇〇一年九月の同時多発テロと報復戦争以来、アメリカはテロ対策を口実に核兵器の先制使用まで公言して世界平和を脅かしている。その戦争政策に追随する日本政府は、国民の諸権利を奪い海外での武力行使に道をひらく有事法制の成立を企て、「戦争する国」づくりをめざしている。「戦争と女性」のテーマでは、こうした動きをめぐる諸問題、平和を願う国内外の女性の声と行動などをとりあげた。労働現場では、長時間労働と広域配転に耐えることが正規雇用の事実上の条件となり、パートや派遣など低賃金・無権利の非正規雇用が急増して、女性労働者の二極分解がさらにすすんでいる。「仕事と家庭を両立させて人間らしく働くルール」の実現が、女性をはじめとする国民の人権確立のための急務となっている。「雇用と女性」では、ヨーロッパとアジア、世界の流れを見据えつつ、日本の各分野の女性の働き方を検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 二一世紀の新たな課題(「構造改革」の新段階と日本社会の危機
  • 「構造改革」と女性の働き方 ほか)
  • 2 雇用と女性-国際動向(女性労働に関するILOのとりくみ
  • 「ヨーロッパの働くルール」としての男女均等法制 ほか)
  • 3 戦争、平和と女性(憲法と有事法制をめぐる動向
  • 「つくる会」の策動とそれに対する運動 ほか)
  • 4 女性の現状と要求(変貌する女性労働
  • 女性と社会保障 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 雇用と女性、戦争と女性 : 女性白書
著作者等 日本婦人団体連合会
書名ヨミ コヨウトジョセイセンソウトジョセイ : ジョセイハクショ : 2002
巻冊次 2002
出版元 ほるぷ出版
刊行年月 2002.8.31
ページ数 302p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4593580277
NCID BA58367591
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想