社会人類学年報  Vol.28(2002)

鈴木 二郎;石川 栄吉;村武 精一;松園 万亀雄【監修】;東京都立大学社会人類学会【編】

[目次]

  • 民族誌と個性-フィールドワークにおける「私」をめぐって
  • 政治的暴力と人類学を考える-グアテマラの現在
  • 不在の名称-ヴァヌアツ・ポートヴィラにおける名乗りをめぐって
  • サケ漁業・缶詰業とレクウィルトクの経済活動-一八五〇-一九二〇年代
  • 戦争の復活と伝承の記述-パプアニューギニア、エンガ州における平和研究の系譜
  • シブリングを活かすことと社会変化を生きること-パプアニューギニア・アドミラルティ諸島における婚資の寄贈をめぐって
  • 死者をムスリムとして土葬すること-寧夏回族自治区銀川市の事例から
  • ゲームの中のマチスモ-アマチュア・サッカーとメキシコの多様な「男らしさ」
  • 研究動向・ミクロネシア研究における「植民地状況下の政治意識」
  • 社会人類学関係文献一覧(二〇〇一年一月〜一二月)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会人類学年報
著作者等 村武 精一
東京都立大学社会人類学会
松園 万亀雄
渡辺 欣雄
東京都立大学・首都大学東京社会人類学会
石川 栄吉
鈴木 二郎
書名ヨミ シャカイジンルイガクネンポウ : 2002
巻冊次 Vol.28(2002)
出版元 弘文堂
刊行年月 2002.8.30
ページ数 266p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4335510586
NCID BN00620146
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想