活動伸びるも市場に反映せず : レジャー白書  2002

自由時間デザイン協会【編】

現在わが国では、厳しい経済的局面の打開に向けて様々な方策が模索されております。こうした中で経済活性化の牽引力として期待されているのが、レジャー産業をはじめとするサービス産業。仮に、年次有給休暇の取得が今以上に進めば、レジャー活動や消費にどのような刺激を与え、それによってサービス産業や関連産業に対しどのくらいの経済的効果、雇用創出効果が期待できるのかを、本白書の特集1ではレポート。また特集2では、雇用やライフスタイルの面で注目される「フリーター」など若者たちにスポットをあて、その余暇生活や仕事・生活意識をあらためて探った。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本人の余暇の現状
  • 第2章 平成13年の余暇関連産業の動向
  • 特別レポート(バカンスは経済・社会を活性化させる
  • 「フリーター」の余暇と「今に生きる」若者像)
  • 巻末資料 余暇関連基礎データ及び余暇関連団体名簿

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 活動伸びるも市場に反映せず : レジャー白書
著作者等 余暇開発センター
自由時間デザイン協会
書名ヨミ カツドウノビルモシジョウニハンエイセズ : レジャーハクショ : 2002
巻冊次 2002
出版元 余暇開発センター
自由時間デザイン協会
刊行年月 2002.7.24
ページ数 185p
大きさ 30cm(A4)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想