生体の物理・運動特性を求めて : バイオメカニズム  16

バイオメカニズム学会【編】

本書はバイオメカニズム学会の主催により、2001年7月23日から3日間にわたり、新潟県北蒲原郡の胎内パークホテルで開催された第17回バイオメカニズム・シンポジウムで発表された論文の中から選ばれたものに、夜話を加えて編集されたものである。「生体の物理・運動特性を求めて」という副題で、生体計測、運動特性、モデル解析の3章から構成されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 鍵盤楽器の文化史-チェンバロとクラヴィコードを中心に
  • 1部 生体計測(投球動作解析システムによるTOPポジションの運動学的解析
  • 歩行時転倒刺激に対する身体反応様式について-両側分離型トレッドミルによる実験
  • 筋の振動特性に着目したクロナキシー測定システムの開発 ほか)
  • 2部 運動特性(肩外旋動作に伴う表層筋群と腱板の筋活動様相
  • 位置制御メカニズムの解明を目指した肘関節トルク-角度-筋活動度関係の解析
  • 個々の指の動的運動機能差およびその長期的訓練の効果 ほか)
  • 3部 モデル解析(受動歩行からヒューマノイドロボット歩行に向けて
  • エネルギー代謝モデルの構築とGAによる長距離走の最適化
  • 関節トルクからみたヒトの跳躍方向の調節 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生体の物理・運動特性を求めて : バイオメカニズム
著作者等 バイオメカニズム学会
書名ヨミ セイタイノブツリウンドウトクセイヲモトメテ : バイオメカニズム : 16
巻冊次 16
出版元 バイオメカニズム学会
東京大学出版会
刊行年月 2002.6.25
ページ数 323p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4130601377
NCID BA57380947
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想