硯と文房諸宝

任 道斌;関 乃平【著】;井垣 清明【訳】

太古の昔から中国の硯は書画や学問とともに発展してきた。書画家や詩人、硯を収蔵し賞玩してきた愛硯家たちの歴史をたどり、中国史上の綺羅星のような名硯の数々を豊富な図版とともに系統的に解説。紙や、筆墨・筆架など文房諸宝も概観する。見て楽しい、読んで有益、素人はもちろん玄人も目からウロコが落ちる好著。図版149(カラー45)。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 中国の硯(悠久の流れ滔々たる硯の歴史
  • 綺羅星のごとき名硯の数々)
  • 2 紙(中国人が発明した紙と製紙、その歴史
  • 中国の名紙)
  • 3 毛筆(筆作りの悠久なる歴史
  • 中国の名筆)
  • 4 墨(二千年以上にわたる製墨の歴史
  • 中国の名墨)
  • 5 その他の文房諸宝(硯屏
  • 絹と綾 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 硯と文房諸宝
著作者等 井垣 清明
任 道斌
関 乃平
書名ヨミ スズリトブンボウショホウ
シリーズ名 中国の水墨世界 5
出版元 星雲社
露満堂
刊行年月 2002.6.10
ページ数 94,16p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4434019872
NCID BA58354374
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想