血管の先端分子医学と臨床への躍進 : 血管新生・リモデリングの分子メカニズムから期待される腫瘍・動脈硬化の治療戦略まで

渋谷 正史;倉林 正彦【編】

[目次]

  • 第1部 基礎医学編(血管新生にかかわる多様なシグナル伝達系
  • 血管発生と血管新生の分子メカニズム
  • 腫瘍の制御と血管新生
  • 血管リモデリングの細胞生物学)
  • 第2部 血管医学の臨床への応用(血管医学のトランスレーショナルリサーチ
  • 血管障害の分子病態
  • 動脈硬化の分子メカニズムと治療の新しい戦略)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 血管の先端分子医学と臨床への躍進 : 血管新生・リモデリングの分子メカニズムから期待される腫瘍・動脈硬化の治療戦略まで
著作者等 倉林 正彦
渋谷 正史
書名ヨミ ケッカンノセンタンブンシイガクトリンショウヘノヤクシン : ケッカンシンセイリモデリングノブンシメカニズムカラキタイサレルシュヨウドウミャクコウカノチリョウセンリャクマデ
出版元 羊土社
刊行年月 2002.5.25
ページ数 215p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4897060915
NCID BA57160055
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想