環境経済学への招待

植田 和弘【著】

二〇世紀、人々は経済に至上の価値をおき、成長こそが貧困をなくし豊かさを実現するものだと、懸命の努力を行ってきた。しかし、豊かさを目指して為されたはずの活動が、地球温暖化、廃棄物等の深刻な環境問題を引き起こし、人間の生存を脅かすようになっている。この状況を打開し、持続的な発展を可能にしていくためには、社会の意識や仕組みを"自然と人間の共生"という考え方に基づいて、変えていかなければならない。環境と経済の間で生じる諸問題を分析し、共生への新たなルールづくりを目指すのが、環境経済学の課題である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自然と人間の共生へ
  • 第2章 環境経済学入門
  • 第3章 廃棄物とリサイクルの経済学
  • 第4章 地球温暖化をめぐる政治と経済
  • 第5章 グローバル・エコノミーと環境問題
  • 第6章 ルーラル・アメニティと地域経済
  • 第7章 環境制御への戦略と課題
  • 第8章 豊かさモデルと開発モデル

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境経済学への招待
著作者等 植田 和弘
書名ヨミ カンキョウケイザイガクヘノショウタイ
シリーズ名 丸善ライブラリー
出版元 丸善
刊行年月 2002.3.25
ページ数 204p
大きさ 18cm
ISBN 462107038X
NCID BA35459486
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想