欧州のワークシェアリング : フランス、ドイツ、オランダ

日本労働研究機構研究所【編】

日本労働研究機構では、平成12年度及び13年度において、ワークシェアリングに関する欧州諸国の現状を調査することとした。本書は、その成果である。まず、欧州のワークシェアリングに焦点を当て、初めに欧州全般の状況を説明する。次に、我が国にとって参考になる経験を豊富に有している、フランス、ドイツ、オランダ各国について情報を収集し、分析している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 「欧州のワークシェアリング-フランス、ドイツ、オランダ」概要編(ワークシェアリングの考え方と欧州での経緯
  • ワークシェアリングの種類と概況 ほか)
  • 第1章 フランスのワークシェアリング(失業率の変動と失業分析の深化
  • フランスの雇用政策の推移 ほか)
  • 第2章 ドイツのワークシェアリング(労働時間短縮の経緯
  • 雇用を重視した時短協約について ほか)
  • 第3章 オランダのワークシェアリング(経済的背景
  • ワークシェアリングの全般的傾向 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 欧州のワークシェアリング : フランス、ドイツ、オランダ
著作者等 日本労働研究機構
日本労働研究機構研究所
書名ヨミ オウシュウノワークシェアリング : フランスドイツオランダ
シリーズ名 調査研究報告書 No.149
出版元 日本労働協会
日本労働研究機構
刊行年月 2002.4.26
ページ数 97p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4538891495
NCID BA56890926
BA56268828
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想