歴史のなかの普遍法

比較法史学会【編】

[目次]

  • 特集 歴史のなかの普遍法(マックス・ヴェーバーと普通法学の伝統-ヴェーバーとエールリッヒ再論
  • コバルビアスにおける利息(usura)の概念とその禁止根拠
  • 一八四六・四七年のゲルマニステン集会-ゲルマニステンは何を意図したか
  • 道元とフッサール、あるいはライプニッツ-普遍法の理念
  • 正義と希望-国際環境法の法哲学的一考察
  • 意のままにならない法-シュミッツの現象学的法哲学
  • 普遍的な「知」としての科学と農学
  • 制度体保障と国家-石川健治『自由と特権の距離』への若干のコメント
  • 歴史研究における認識の客観性について ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史のなかの普遍法
著作者等 比較法史学会
海老原 明夫
書名ヨミ レキシノナカノフヘンホウ
シリーズ名 思想・制度・社会 10
Historia Juris 比較法史研究 10
出版元 比較法制研究所;未来社
刊行年月 2002.3.30
ページ数 417,35p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4624011600
ISSN 09184996
NCID BA56653465
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想