モダニズムの越境

モダニズム研究会【編】

ディアスポラの時代、文化の世界化がもたらしたものは何か。メシア的な想像力を先どりし、モダニズムが内包するベクトルをあらゆる角度から可視化する新方位学。越境的な共同研究から生まれた画期的成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 越境する想像力
  • 2 権力/記憶
  • 3 表象からの越境

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モダニズムの越境
著作者等 エリス 俊子
三宅 昭良
五十殿 利治
井上 明彦
加藤 光也
大平 具彦
奴田原 睦明
小畑 精和
木村 栄一
村田 靖子
江田 孝臣
浜田 明
稲賀 繁美
西 成彦
野坂 政司
鈴木 雅雄
長畑 明利
高橋 世織
モダニズム研究会
書名ヨミ モダニズムノエッキョウ
出版元 人文書院
刊行年月 2002.2.28
ページ数 vii, 271p
大きさ 22cm
ISBN 4409040561
NCID BA56316705
BA56318471
BA56318835
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想