日記 : 有島武郎全集  第11巻

有島 武郎【著】

有島武郎の日記からは、友人との関係に悩み、自らの信仰を問い、恋愛に情熱を注ぐ真摯な姿が鮮やかに浮かび上がる。若き日の精神史形成の跡が窺える観想録・手帖などの日記群。英文日記には翻訳を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 観想録 第九(明治三十九年八月三十日‐十二月一日)
  • 観想録 第十(明治三十九年十二月二日‐明治四十年二月二十八日)
  • 観想録 第十一(明治四十年三月七日‐七月二十六日)
  • 観想録 第十二巻(明治四十一年一月二十一日‐四月三日)
  • 観想録 第十三巻(明治四十一年四月四日‐六月十九日)
  • 手帖三(明治三十九年)
  • 手帖四(明治四十年)
  • 手帖五 軍隊手帖(二)(明治四十年)
  • 手帖六 軍隊手帖(三)(明治四十年)
  • 観想録 第九(訳)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日記 : 有島武郎全集
著作者等 有島 武郎
瀬沼 茂樹
書名ヨミ ニッキ : アリシマタケオゼンシュウ : 11
巻冊次 第11巻
出版元 筑摩書房
刊行年月 2002.4.10
ページ数 403p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4480709118
NCID BN0028448X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想