維新前後に於ける国学の諸問題 : 創立百周年記念論文集

国学院大学日本文化研究所創立百周年記念論文集編集委員会【編】

[目次]

  • 皇典講究所と古典講習科の創設-「創国学校」の系譜
  • 惟神分注を廻る諸説に就て-直毘霊論争の一面
  • 津和野の国学と岡熊臣
  • 岡熊臣の「死」の問題-宣長・篤胤の比較を通して
  • 渡辺重石丸『天御中主神考』雑考
  • 幕末における大権と毀鐘鋳砲
  • 内藤耻叟の幕末史論-経歴と『安政紀事』の関係を中心に
  • 鈴木重胤の神典研究
  • 谷森善臣の古事記校訂研究-幕末から明治の古事記研究史の一環として
  • 国学者と学校問題-皇学所設立をめぐって〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 維新前後に於ける国学の諸問題 : 創立百周年記念論文集
著作者等 国学院大学日本文化研究所
国学院大学日本文化研究所創立百周年記念論文集編集委員会
書名ヨミ イシンゼンゴニオケルコクガクノショモンダイ : ソウリツヒャクシュウネンキネンロンブンシュウ
出版元 国学院大学日本文化研究所
国学院大日本文化研究所
刊行年月 1983.3.20
ページ数 718p
大きさ 21cm(A5)
NCID BN01612493
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
"惟神分注"を廻る諸説に就て : 直毘霊論争の一面 小笠原春夫
内藤耻叟の幕末史論 : 経歴と『安政紀事』の関係を中心に 秋元信英
国学者と学校問題 : 皇学所設立をめぐつて 阪本是丸
国学者にみる<国体>概念の理解 : 「政治への関心」という視点から 大原康男
岡熊臣の「死」の問題 : 宣長・篤胤との比較を通して 安蘇谷正彦
幕末に於ける大権と毀鐘鋳砲 藤井貞
明治初期における国語学研究 久野マリ子
明治期文法論の性格 : 助詞の扱いをめぐって 平澤洋一
本居豊頴伝 鈴木淳
横井小楠のキリスト教観と「惻怛の誠」 : 宣長の「もののあはれ」論との近似性に触発されつ丶 永藤武
津和野の国学と岡熊臣 加藤隆久
渡辺重石丸考 上田賢治
渡邊重石丸『天御中主神考』雑攷 安津素彦
皇典講究所と古典講習科の創設 : <創国学校>の系譜 内野吾郎
皇室の御学風と国学としての「敷島の道」 : 主として明治帝の御歌に拠りつ丶 戸田義雄
神嘗祭の古儀復興と御巫清直 中西正幸
神社新報社編『近代神社神道史』に於ける明治前半の神道史の評価について エルンスト・ロコバント
神道教派別派特立の過程 : 明治九年における展開 宇野正人
谷森善臣の古事記校訂研究 : 幕末から明治の古事記研究史の一環として 青木周平
鈴木重胤の神典研究 野口武司
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想