日記 : 有島武郎全集  第10巻

有島 武郎【著】

有島武郎日記は、数多い近代作家たちの日記のうちでもひときわ卓越した内容と量を有しているといえよう。前半生の日記には、友情や恋愛、信仰に至るまで全ての面で真摯に生きた青春の内面生活が窺える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 随意録・参号-明治二十四年九月二十二日‐明治二十五年三月二日
  • 観想録・第一巻‐第八巻-明治三十年四月二十七日‐明治三十九年七月一日
  • 日記断片(明治三十四年)
  • 手帖一(明治三十四年)
  • 手帖二・軍隊手帖(一)(明治三十五年)
  • 花売日記
  • 観想録(訳)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日記 : 有島武郎全集
著作者等 有島 武郎
瀬沼 茂樹
書名ヨミ ニッキ;1) : アリシマタケオゼンシュウ : 10
巻冊次 第10巻
出版元 筑摩書房
刊行年月 2002.3.10
ページ数 625p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 448070910X
NCID BN0028448X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想