あせらない・あせらせない受験の本 : 受験を逆手にとって子どもの能力を伸ばす

中山 治【著】

わが国の教育問題のなかで、学力や受験、進学、学歴の問題ほどタテマエとホンネが乖離している分野はない。タテマエ(公の論理)では誰もが学歴偏重や一流大学をめぐる進学競争を批判するのに、ホンネ(私の論理)となるとわが子には良い学校に入ってほしいという期待がある。本書は、「お受験」から中学受験、高校受験、大学受験まで、単に受験合格だけでなく、どうしたら受験を逆手にとって子どもの知的能力を伸ばすことができるのかを、著者の教育実践と心理学や脳科学の知識を応用して述べたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 おくての子でも東大、早慶を突破できる
  • 第2章 二十一世紀を生き抜く知能・学力をつけるにはどうしたらよいか
  • 第3章 「お受験」と早期教育は能力破壊の危険性が高い
  • 第4章 知能・学力をぐんぐん伸ばす合理的な学習法
  • 第5章 中学ゆとり受験の方法
  • 第6章 高校ゆとり受験の方法
  • 第7章 大学ゆとり受験の方法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 あせらない・あせらせない受験の本 : 受験を逆手にとって子どもの能力を伸ばす
著作者等 中山 治
書名ヨミ アセラナイアセラセナイジュケンノホン : ジュケンヲサカテニトッテコドモノノウリョクヲノバス
出版元 洋泉社
刊行年月 2002.3.18
版表示 新版
ページ数 228p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 489691614X
NCID BA60948338
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想