岩出山遷都物語 : 歴史の綴じ糸

伊藤 卓二【著】

本書は、平成10年1月から12年暮れまで大崎タイムス紙上に190回にわたって連載したものを歴史の流れに従い、大幅に補筆修正して冊子にまとめた。中世足利氏の流れを汲む名門、大崎氏の崩壊。そして伊達氏へと受け継がれた大崎地方の歴史を、史料をベースに綴った渾身の歴史書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第一部 若狭編・大崎氏の歴史探訪(まぼろしの一族
  • 大崎氏の謎解き
  • 京都紀行)
  • 第二部 遷都編・天下を夢見た独眼竜政宗(戦国時代
  • 伊達氏のルーツ
  • 独眼竜誕生 ほか)
  • 第三部 当別編・伊達邦直公の遺徳(北海道の別当町
  • 開拓の槌音
  • 新時代のいばらの道 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岩出山遷都物語 : 歴史の綴じ糸
著作者等 伊藤 卓二
書名ヨミ イワデヤマセントモノガタリ : レキシノトジイト
出版元 大崎タイムス社
刊行年月 2001.5
ページ数 436p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4901232029
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想