消化器疾患のクリニカルパス : 消化器病セミナー  85

小西 敏郎【編】

本書では前半の総論では、クリニカルパスの歴史/意義など基本について理解していただき、後半は疾患別に食道、胃、大腸、胆嚢、肝あるいは鼠径ヘルニア、虫垂炎、腹部大動脈瘤について、さらにTAE、内視鏡的ポリペクトミー、肝生検、癌化学療法などについて、クリニカルパスを実際に推進している先生方に執筆していただいた。本書は、これから実際にクリニカルパスを始めることができるようになるための入門書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 クリニカルパスとは(クリニカルパスの歴史
  • クリニカルパスにおける医療の標準化とEBM
  • 病院経営からみたクリニカルパス
  • 電子カルテとクリニカルパス ほか)
  • 2 消化器疾患のクリニカルパス(食道癌のクリニカルパス
  • 胃癌(幽門側胃切除)
  • 大腸癌(結腸癌、直腸癌)
  • 胆石症 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消化器疾患のクリニカルパス : 消化器病セミナー
著作者等 小西 敏郎
書名ヨミ ショウカキシッカンノクリニカルパス : ショウカキビョウセミナー : 85
巻冊次 85
出版元 へるす出版
刊行年月 2001.12.20
ページ数 183p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4892693979
NCID BA54903765
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想