乳幼児精神保健の新しい風 : 子どもと親の心を支える臨床の最前線

渡辺 久子;橋本 洋子【編】

小児保健・精神医学・臨床心理の壁を越えて、子どもの心の育ちを守るために、親と子をともに支えていこうとする新しい風が生まれています。乳幼児精神保健臨床の最前線から、最新の理論と取り組みを紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 理論編(乳幼児精神保健の新しい動向-心を守り育てる子宮のような母子臨床をめざして
  • 自閉的行動の早期の成り立ちとアタッチメント理論による治療アプローチについて
  • 愛着と抱きかかえる環境 ほか)
  • 2 臨床編(周産期
  • 乳幼児期
  • 思春期以降の臨床例にみる乳幼児期の問題)
  • 3 スーパーヴィジョン(乳児院と虐待ケースのとりくみ
  • 保育園における愛着障害の早期発見例)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 乳幼児精神保健の新しい風 : 子どもと親の心を支える臨床の最前線
著作者等 橋本 洋子
渡辺 久子
書名ヨミ ニュウヨウジセイシンホケンノアタラシイカゼ : コドモトオヤノココロヲササエルリンショウノサイゼンセン
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2001.12.25
ページ数 237p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4623031659
NCID BA54952137
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想